【職務経歴書の書き方】フリーター・アルバイトから正社員へ!

職務経歴書とは、どんなものかご存知でしょうか?履歴書と合わせて提出する、「従事した職業とその経験を一覧にまとめた用紙」のことです。ところが、フリーター・アルバイト勤務の方は「アルバイトは職歴じゃないから…」と、職務経歴書の提出そのものをしない人が多いようです。しかし、ちょっと待ってください!未提出のため選考から漏れてしまっているというケースが多発しているのです。実は、フリーター・アルバイトの経験も、しっかりまとめれば立派な職歴になるのです。職務経歴書の作成は、文書作成スキルがあるということをアピールできるチャンスでもあるので、作ったことがないという方も今日の記事を見て作成してみましょう。

職務経歴書とは大きく3つの要素から構成されます。

①職務要約

②職務経歴

③自己PR

です。

そのうち、今回は①・②に該当する職務要約・職務経歴の項目から見ていきます。

(次回コラムで③を紹介します)

では早速、誤った職務経歴書の書き方から見てみましょう。

どうでしょうか?マイナスな印象を持たれかねない表現が多くありますね。

・短すぎる文章、何をしていたか、成果が不透明
・後ろ向きな退職理由
・モチベーションの保ち方が微妙

こういった点を、採用担当者は見ています。

・入社したら活躍してくれるのか
・すぐに辞めずに長く働いてくれるか
・他の従業員ともうまくやっていけそうか

担当者は履歴書と職務経歴書を合わせて、これらを想像しながら、あなた自身のイメージを膨らませていくのです。そもそも、職務経歴書は上記のようにアルバイト歴を羅列するだけではなく書き方があります。

 

また、「バイト」と省略せず「アルバイト」と記載しましょう。続いては良い職務経歴書の書き方例です。

(クリックで画像拡大します。)先ほどの職務経歴書に比較し、身についたスキルややりがいに触れていますね。オペレーション作成からクレーム削減に繋げるなど、一貫性のある印象です。

ポイントとしては

・内容に一貫性を持たせる
・アルバイトなら必ず社名の横などに「アルバイト」と記載する
・学んだこと、意識していたこと、成果を具体的なエピソードと絡めて書く
・受験予定で未取得の資格も「勉強中」「取得予定」と書いて記載する

こうすることで、フリーター・アルバイトの経験も立派な職歴として成立するのです。

なぜ職務経歴書が必要なのか?それは、職務経歴書からアルバイトで身につけたスキルや仕事への取り組み方を読み取ることができるからです。履歴書には経歴が記載してありますが、「あくまで基本データの記載のみがされている書類」という位置付け。履歴書だけではその職務内容や身についたスキルなどの詳細までは、なかなか掘り下げることができません。そのために補足資料とも言える職務経歴書が必要なのです。逆に言えば冒頭で述べた通り、職務経歴書の提出がないというだけで選考漏れしてしまうこともあるのです。

また、フリーター・アルバイトの職務経歴書は時系列型ヒストリー型があります。例えば今回は一箇所のアルバイトのみで職務経歴書例を作成しましたが、複数のアルバイト経験がある場合、志望企業の業務に直接関係ないと思われる経験はあえて書かないというような方法です。これをヒストリー型と呼びます。

・時系列型…その名の通り、職歴を時系列で全て記載する。
・ヒストリー型…これまでの経験のうち、就職先で役立ちそうなものだけ記載する。

職務経歴書の書き方のポイント、抑えられたでしょうか?アルバイトも、立派な社会経験の一つ。胸を張って頑張ってきたこと・役に立てることをアピールしましょう!次回は、職務経歴書(自己PR編)についてご紹介したいと思います。

コメント