【面接対策】転職活動では要確認!スーツの着こなし・身だしなみ

面接対策といえば、何を話すか・どう振る舞うかなどに思考が偏りがちですが、第一印象を決める「身だしなみ」も重要です。

身だしなみは面接だけでなく、履歴書の写真を撮影する時にも重要なポイントになります。

・スーツはシワがなくサイズが合っており、ネクタイに曲がりがない
・帽子やコートを身につけたまま、華美な小物はNG
・爪、ヒゲ、髪型は清潔感を意識し、切る、剃る、まとめる

★【面接対策】NGな身だしなみ:面接でNGなスーツの着こなし

 

ネクタイが曲がっている

男性のスーツ姿で、もっとも目に入りやすいネクタイは、必ず曲がっていないかどうかを確認しましょう。

顔に近い位置で、印象に残りやすいネクタイには注意です。

 

シャツがダボついている

大きすぎるシャツはルーズな印象を与えます。

体にジャストなものを選びましょう。

 

しわや汚れがある

シャツやスーツにシワはありませんか?

アイロンがけやクリーニングはちゃんと行なっていますか?

面接のスケジュールが確定したら前もって確認しておきましょう。

 

サイズが合っていない

シャツだけでなく、もちろんスーツも体に合っているものを選びましょう。

小さすぎても大きすぎてもNGです。

店頭でフィッティングするのがおすすめです。

最近はスーツのレンタルサービスなどもあり、収納スペースや予算に合わせて選べる選択肢が増えています。

 

 

★【面接対策】スーツの着こなし:面接に相応しいスーツは?

 

スーツには、リクルートスーツとビジネススーツがありますが、転職時はビジネススーツがおすすめです。

・リクルートスーツ:学生が就活の時に着るもので、ブラックやグレー、ネイビーの無地が基本。シャツも白い無地のもの。
・ビジネススーツ:ストライプやチェックなどの柄入りの場合も。色もリクルートスーツに比較し豊富

 

なぜ転職活動のスーツで、リクルートスーツを避けた方が良いのでしょうか?

その理由は、リクルートスーツは初々しい印象を与えてしまうからです。

フレッシュさと未熟さは紙一重。

一方でビジネススーツは、仕事への余裕を感じさせるデザインが多いです。

あまり華美なものは面接に適しませんが、少しデザイン性のあるものを選んでみても良いでしょう。

しかし、金銭的な理由からスーツを新調する余裕がない方もいるかもしれません。

20代前半の方なら、リクルートスーツでもそれほど違和感がないので、やむをえない場合は小物を工夫しましょう。

例えば、シャツだけ色付きのものに変えてみる・ネクタイを変えてみるなどで印象が大きく変わります。

小物で変化をつけるのであれば、出費も大きくならずに済みます。

また、前述のようなスーツのレンタルもありますので、そういったサービスを利用するという方法もあります。

様々な業界・業種の面接を受ける場合、面接ごとにレンタルするスーツを変えてみるというのもいいですね。

 

男性のスーツ

スーツ:

黒やライトグレー、ネイビーなどはきちんとした印象で万人に受け入れられるカラーです。

 

ネクタイ:

暖色系のカラーは情熱的でやる気に満ちた印象を、寒色系のカラーは冷静で知的な印象を与えることができます。

全体の印象を左右するアイテムですので、アピールしたい自分の特性に合わせて選択して良いでしょう。

しかし、派手な柄やブランドのロゴが入ったもので個性をアピールするのは不適切です。

白・黒も冠婚葬祭用のためNGです。

また、形に関してもナロータイと呼ばれる細めの作りのものは避けましょう。

 

靴:

黒またはこげ茶の革靴が好ましいです。先の尖ったものや装飾が派手なものは避けて選びます。

 

 

女性のスーツ

パンツスタイル:

快活でアクティブな印象です。

フットワーク軽く積極的に見せることができるので、マスコミや営業職への転職におすすめ。

 

スカートスタイル:

フェミニンな印象で女性らしさ・柔らかさを感じさせます。

受付や事務職への転職などで人気があります。

共通して、ジャケットの中のインナーは白または白に近い淡いブルーやピンクが適しています。

ベーシックなシャツの他にもカットソー、スキッパーシャツ、ブラウスなどが人気があります。

 

靴:

ピンヒール・フラットシューズは避け、黒の3〜5cm程度のヒールのパンプスにしましょう。

 

 

★【面接対策】スーツの着こなし:体型にぴったりなものを選ぼう

 

自分の体型に合っていない、大きすぎるスーツや丈の短すぎるスーツは避けなければいけません。

初めて選ぶときはぜひ、売り場のスタッフに声をかけて、フィッティングしてから購入しましょう。

その時、転職でのスーツ選びだということも伝えることを忘れずに。

20代の若年層だと初めての就活だと思われてしまい、リクルートスーツを勧められてしまう可能性があるからです。

 

 

★【面接対策】スーツの着こなし:「オフィスカジュアル」の場合

 

オフィスカジュアルはあくまで、「スーツではなくても良い」ということで、普段着でOKというわけではありません。

オフィスの中で不快感を与えない服装という点がポイントです。

また、面接なので、必ずジャケットは着用しましょう。

さじ加減が心配な方は、スーツでも問題ありません。

 

避けるべき服装

  • ショートパンツ
  • サンダル
  • スニーカー
  • ブーツ
  • 露出の高い服装
  • Tシャツ
  • デニム など…

 

スーツを着て行って失礼になることはまずありません。

むしろ、きちんとした人という良い印象が残るでしょう。

 

 

★【面接対策】NGな身だしなみ:身に付けるものの注意点は?

 

帽子・コートを脱がない

帽子・コートを脱がないのは失礼に当たります。

寒い季節でも、建物に入る前に帽子やコートは脱いで、手に持っておきましょう。

 

派手な貴金属を身につけている

男女ともに、結婚指輪以外の貴金属は外して行ったほうが無難です。

面接は華美な印象より誠実な印象を心がけましょう。

女性はシンプルなネックレスなどは可。

ピアスやイヤリングはつけない方が無難です。

 

時計がビジネスにふさわしくない

多機能すぎて目立つ時計、派手な時計よりもシンプルな時計を。

ベルトはレザーでも金属でも大丈夫です。

デジタル時計等の場合、面接中にアラーム音などが鳴らないよう注意します。

 

爪が長すぎる・華美である

女性の場合、ネイルに気を配っている人は多いかもしれませんが、面接ではなるべくオフします。

特にジェルネイルはシンプルなデザインでも避けたほうが無難です。

爪の長さがある場合はカットも忘れずに。

「自由な社風で服装・ネイルも自由」な企業だとしても、面接では控えめにします。

 

ヒゲを剃っていない

ヒゲにスーツのビジネスマンも多く見かけますが、面接では剃ったほうが良いとされています。

清潔感や衛生的な好印象を与えることができるためです。

特に飲食業界や営業職の場合は清潔感が求められますので、意識しましょう。

 

髪色・髪型が派手である

髪色や髪型も、落ち着いたものにします。

ロングヘアの女性の場合、お辞儀をした時に髪が顔にかからないよう、アップにしたりまとめるなどします。

髪をまとめるヘアアクセサリーも、大きなリボンなど華美で目立つものは避けましょう。

男性は基本黒髪、耳にかからない程度の短さが良いとされています。

 

 

★身だしなみは、第一印象を決める重要ポイント!

 

転職活動で何度も面接を受けているうちに、「このくらいの服装なら(着崩しても)大丈夫かな」という気の緩みが出てくることもあるかもしれません。

さじ加減は難しいものですが、少しでも心配であればやめておきましょう。

今回ご紹介した内容を参考に、履歴書の写真撮影や面接に臨んでいただければと思います。
服装や身だしなみについて知りたい!という方は、ぜひ日本若者転職支援センターに、お気軽にご相談ください!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。