【転職アイデア】Will・Can・Mustとは?【ビジネスの考え方】

「Will・Can・Must」という言葉を聞いたことがありますか?

中学校で習う簡単な英単語ですが、ビジネスに有効なフレームワーク(=考え方)として、多くの人に注目されています。

今回は、ビジネスにおける「Will・Can・Must」についてご紹介します。

 

★Will・Can・Mustとは一体、何?

「Will・Can・Must」というフレームワークは、就職活動や企業の人事制度などに広く取り入れられている考え方です。

Will…「実現したいと思っていること」
Can…「何ができるか」
Must…「何をすべきか」

例:営業職のエキスパートになりたい(Will)、自分はコミュニケーション能力に自信がある(Can)。そのため新規開拓営業の部署に異動し、能力を活かしどんどん受注を取っていく(Must)。

「Will・Can・Must」、この3つはそれぞれが重なり合う輪であり、その重なりが大きければ大きいほどモチベーション維持ややりがいに繋がると言われています。

また、リクルート社ではこのフレームワークを人事制度に導入しております。

社員は、半期に一度「Will Can Mustシート」を記入します。これは、本人が実現したいこと(Will)、活かしたい強みや克服したい課題(Can)、能力開発につながるミッション(Must)の項目からなる目標管理シートです。社員一人ひとりが仕事を通じて実現したいこと(Will)を明らかにし、上長とすり合わせ、その実現のために何ができるか、どのようなことができるようになる必要があるか(Can)を確認した上で、何をすべきか(Must)を考えるサイクルを半年ごとに行っています。

引用:リクルートテクノロジーズ

 

★「Will・Can・Must」は転職にも使える考え方

このWill・Can・Mustは在職中のキャリアプランだけでなく、実は転職活動にも応用できるのです。

例えば、志望動機もWill・Can・Mustでの回答ができれば非常に説得力があります。

例:営業職と貴社製品に興味があり営業職に就きたい(Will)、自分はコミュニケーションを楽しみながらスピード感を持って仕事を進められる人間だ(Can)。そのため貴社の営業として、製品の素晴らしさを効率よく多くの人に勧めていきたい(Must)。

このように「何がやりたいのか」「何ができるのか」「企業の期待にどう答えるか」の軸で話を進めることができれば、わかりやすく伝えることができます。

頭の中で考えるだけではなく、紙に書き出してみましょう。

「Will・Can・Must」は、基本的にどんなことにも使えます。

ビジネスシーンでの汎用性の高さが注目されますが、日々の生活のちょっとした選択や目標も、「Will・Can・Must」に落とし込めます。

ひとまず、転職活動をする/しないの段階や、志望企業の選定など、迷った時や目標を定めたい時、「Will・Can・Must」を軸に考えてみると良いでしょう。

 

★転職活動のWill・Can・Must

まず、この図をご覧ください。

階段の頂上、人、階段の段、それぞれがWill、Can、Mustを表しています。

CanでMustに挑み、Willを実現させるというのが、このフレームワークの実態です。

  • Willは「階段の頂上」
  • Mustは「階段の一段ずつ」
  • Canは「自分の今の装備やステータス」
  • この3つの確認の場が面接

 

★「Will・Can・Must」…Willは「階段の頂上」

Will(実現したいこと)は、階段の頂上。つまり、何をゴールにするかです。

ルーティンワークにやりがいや成長を感じなくなってしまったため、転職を考えており、転職によって実現したいことがある人の場合。

実現したいこと

  • 社会的に影響力のある仕事をしたい。
  • 色々な業界の人と接点を持ちたい。
  • 専門知識を増やしたい。
  • ビジネスコミュニケーション能力を磨きたい。

このような内容は全てWillになります。

「転職すること」をWillにせず、「転職によって何を叶えたいか」をWillとします。

Willは、未来のことも見据えて考えます。

例えば3年後、自分はどんなビジネスパーソンになりたいのかを考えるなどです。

未来のことが考えられない場合、転職後のモチベーションが保てず、継続が難しくなってしまい転職を繰り返してしまうというケースもあります。

「休みが多い企業がいい」「大手に転職したい」など安易な気持ちで転職すると、このような失敗を招きやすくなってしまうのです。

 

★「Will・Can・Must」…Canは「自分の今の装備やステータス」

Can(今できること)はまさに、この装備やステータスを指しています。

Mustをやり遂げるのに必要な経験値とも言えます。

Mustの階段を登り切ることができるのかはCanにかかっています。

ただし、人は日々成長するもの。

Canの部分も経験によって大きく変わってくる場合があります。

「●月に立てた目標ではWillを叶える期間を■年と見積もっていたが、もっと早く達成できそう」などもあるでしょう。

その場合は、都度調整すれば良いのです。

目標を上方修正することに、喜びを感じる瞬間も出てくるかと思います。

 

★「Will・Can・Must」…Mustは「階段の一段ずつ」

最後に、Must(今やるべきこと)はWillのために越えなければいけない階段に例えることができます。

実際には地道な作業、KPIの達成などの具体的なタスクがこれにあたります。

Canを使って、Mustを一つずつ乗り切っていく。

この作業の先にWillがあるのです。

Canの「できること」が多ければ多いほど、Mustも困難を極めず乗り切れると言えます。

スキルやガッツがあればあるほど、Willへの道もより平易なものとなるでしょう。

また、注意したいのが、Mustのマイナス要素が強くなりすぎないようにということ。

人間は、困難を伴っても得られるものが小さい場合、なかなか動けない生き物です。

Willは必ずMustに見合った大きなプラス要素を持つことに設定しましょう。

★面接は「Will・Can・Must」を質問される場所

面接は、このWill・Can・Mustを聞かれる場所です。例えば…

  • 3年後に弊社でやりたいことは?(Will)
  • 前職の退職理由は?(Will)
  • 今までどんなことを頑張ってきましたか?(Can)
  • この業界・企業・仕事内容は理解していますか?(Must)

このような質問がよくあるかと思いますが、Will・Can・Mustがしっかり把握できていれば、回答に詰まることはありません。

退職理由は、裏を返せば「今後、何をどのようにしていきたいか」なので、Willに該当します。

 

★「Will・Can・Must」まとめ

このように、転職の「Will・Can・Must」は「階段と、それを上る人」に例えることができます。

条件だけ…ネームバリューだけ…と、目先の希望だけではなく、数年後やその先の自分も描いた上でこの3つを考えられると、転職活動もきっと充実したものになるでしょう。

  • Willは「階段の頂上」
  • Mustは「階段の一段ずつ」
  • Canは「自分の今の装備やステータス」
  • この3つの確認の場が面接

「Will・Can・Must」をベースに転職活動を進めることができれば、企業側への印象付けにも、自分自身の転職の成功にも繋がります。

目標ややるべきことがはっきりするためです。

一つ注意したいのが、WillとMustを混同しないこと。

「やりたいこと」と「やるべきこと」はそれぞれ「何をしていきたいのか(希望)」「どういった方法で志望企業に貢献していくか(やること)」です。

まずは書き出して、自分のWill・Can・Mustを考えてみましょう。

コメント

コメントは利用できません。