『将来の夢=職業』ではない。自分らしく見つける夢とは?

みなさんにとっての「将来の夢」は何でしょう?

営業職、事務職、憧れの業界…色々思い浮かぶかもしれないですね。しかし、本当に「将来の夢=職業」だけなのでしょうか?

 

1.夢≠就きたい職業

夢=就きたい職業の公式は、私たちの幼い頃から刷り込みが始まっています。「将来は何になりたい?」「将来の夢は?」こういう時は決まって、職業を答えさせられるはずです。でも大人になった今、どうでしょう?

例えば「営業職に就きたい」という回答をしたとしても、その理由には「営業職に就いて、どんどん新規開拓をして行きたい」「商品の良さをみんなに知ってもらいたい」「たくさんの人とコミュニケーションをとりたい」など、営業職に就きたい動機があるはずです。本来は、動機の部分が『夢』なのではないでしょうか。何になりたいかより、どんな自分になって何をしたいか。この部分が重要なはずです。

 

2.夢の定義とは何か

① 睡眠時に生じる、ある程度の一貫性をもった幻覚体験。多くの場合、視覚像で現れ、聴覚・触覚を伴うこともある。非現実的な内容である場合が多いが、夢を見ている当人には切迫した現実性を帯びている。 「 -を見る」 「 -からさめる」

② 将来実現させたいと心の中に思い描いている願い。 「少年らしい-を抱いている」 「 -は果てしなく広がる」

③ 現実を離れた甘美な状態。 「新婚の-の日々を送る」 「太平の-をむさぼる」

④ 現実とかけはなれた考え。実現の可能性のない空想。 「宇宙旅行は-ではなくなった」 「 -のような話」

⑤ 心の迷い。迷夢。 「見果てぬ-を追う」

⑥ はかない物事。不確かな事。 「 -と消え去る」 「 -の世」

出典 三省堂大辞林 第三版

色々な意味がありますが、辞書でみる限り「就きたい職業」の記載は見当たらないようです。意味合い的には②が該当しますが、職業という言葉で縛ってはいません。このように、必ずしも夢=職業と定義されているわけではないにもかかわらず、そうであると思い込み、夢(就きたい職業)が見つからないと悲観する人が多くいます。自分には夢がないからダメ。就きたい仕事がわからない。それは全て思い込みです。

面接でも「夢」を聞かれることは多くあります。が、「御社に就職することが夢です」という回答では、入社というスタート地点がその人のゴールになってしまっていますよね。これでは入社後の成長意欲を疑われてしまいます。

「何かになる」ことをゴールにしてはいけないのです。それはむしろ、スタートライン。そこからどのように過ごしていきたいか、成長していきたいかということを夢や目標にすることが大切。そうすれば「夢が見つからない」と焦る人も、少しは気持ちが楽になれるのではないでしょうか。

 

3.職業は夢を叶えるための手段と考えてみる

つまり、私たちはつい「夢=職業」と考えがちですが、その公式が時に思考を狭め、自分を苦しめてしまうことにもなりかねません。職業は、夢を叶えるためのステップと捉え、その先のやりたいこと・実現したいことを夢と考えてみることをおすすめします。入社後の自分を想像しての転職(就職)になるため、ミスマッチも少なくなりますし、「夢(就きたい職業)がない」と苦しむ人も、挑戦したいことや実現したいことの軸で考えられるようになるため少し楽になれるのではないでしょうか。逆に、「夢=職業」と考えている人は実は就業後のミスマッチが起こりやすいのです。「大手に入る」「憧れの職業に就く」ことばかりが目標になってしまい入社後の自分をイメージできていないケースが多く、「やってみたけど違う」と感じてすぐに離職してしまうということも多々あります。

夢は、就きたい職業の向こう側にある「実現したいこと」。

本来の定義にもあるように、もっと自由に考えてみましょう!やってみたいことや実現したいことを、まずは紙に書き出してみて、そこからどう進路を決めるかを考えていくと、スッキリ整理できるかもしれません。組み立てが難しい場合は、私たちにもぜひお気軽にご相談ください。

日本若者転職支援センターに、お気軽にご相談ください!
登録はこちらから

コメントは利用できません。