転職の心得

【ビジネスマナー】オフィスカジュアルってどんな服装?【転職初日】

【ビジネスマナー】オフィスカジュアルってどんな服装?【転職初日】

転職活動が無事終わり、明日はいよいよ出社初日。

でも、何を着て行けば良いのだろう…?

出社初日の服装は、新卒者含めビジネスパーソンの誰もが一度は悩んだことがあるのではないでしょうか。

今回は、「出社初日の服装は何がふさわしいか」と「オフィスカジュアル」について、ご紹介していきます。

 

★転職後、出社初日の服装はどうすれば良い?

みんながスーツで働いている・また制服があるなら迷うこともありませんが、社員みんなが私服で勤務しているという企業もあります。

その場合、出社初日の服装はどうすれば良いのでしょうか?

結論から言うと、若年層のみなさんであれば転職初日の服装はスーツが無難です。

服装への明確な指示(アパレル関連職等は指定の場合多いので要注意)があれば別ですが、そうでなければオフィスへの出社初日はスーツにしておきましょう。

スーツで出社して失礼になることは、まずありません。

逆に、真面目できちんとした良い印象を与えます。

もし自分だけがスーツだったり、先輩や上司に「私服でいいんだよ」と言われたら、職場の雰囲気や同期の動きを見て、少しずつ私服を取り入れていけばいいのです。

最初からゆるい印象より、堅い印象のスーツから少しずつ緩めていくのが間違いは少ないです。

ここで注意したいのは、「私服」の概念。

職場での私服はプライベートで着用するような服装ではなく、一般的に「オフィスカジュアル」を指します。

 

★オフィスカジュアルとは何か?について

では、「オフィスカジュアル」とは一体どんな服装なのでしょうか?

オフィスカジュアルとは、スーツほど堅すぎず、オフィスで少し肩の力を抜いて着られるコーディネート全般を指した総称です。

例えば、このような服装がオフィスカジュアルに当たります。

男性なら…ジャケット+シャツ+チノパン+革靴
女性なら…ジャケット(カーディガン)+ブラウス+膝下スカート(パンツ)+パンプス
など

カジュアルと言っても、ファッションの定義におけるカジュアルとは、少し解釈が異なります。

オフィスカジュアルは「取引先のクライアントと会う時に失礼がない服装」に、しばしば例えられます。

 

オフィスカジュアルにおすすめのアイテム

オフィスカジュアルはある程度のマナーを押さえれば、比較的自由度が高いものです。

ドレスコードのように「●●でなければならない」という明確な決まりはありません。

だからこそ悩むものですが、せっかくなのでビジネスシーンでのおしゃれを楽しんでみましょう。

 

<オフィスカジュアルにおすすめの「形」>

トップスは襟付きのアイテムを用いましょう。

例えば、カットソーにジャケットを羽織るだけでもきちんと感がでます。

男女共通して、襟付きのジャケットは強い味方。

ぜひ、1着持っておきましょう。

 

<オフィスカジュアルにおすすめの「色」>

男女ともにベージュ、ホワイト、グレー、ブラック、ネイビーなどのベーシックカラーでまとめると良いです。

女性なら、パステルカラーを差し色として取り入れてみても華やかです。

差し色とは、コーディネートのワンポイントとして部分的に入れるアクセントになる色のこと。

あくまでコーディネートのメインは上記のベーシックカラーでまとめ、インナーや小物に部分的に使ってみましょう。

 

オフィスカジュアルでNGなアイテム

さて、明確なドレスコードがない一方で、「●●はNG」という、オフィスカジュアルに「取り入れてはいけないもの」があります。

・男女共に胸元が大きく開いた服
・オフショルダーなど肩が出ている服
・キャミソールなど露出が高い服
・ジーンズ、デニム素材
・ショートパンツ
・サンダルやミュールなど素足が出るもの
・5cm以上の高さのハイヒール・ピンヒール
・スニーカーなどの運動靴
・ブーツ etc…

あくまで、職場においての「カジュアル」なので、清潔感を与え相手を不快にさせない服装が基本です。

社風によってもカジュアルの度合いやニュアンスは違いますが、基本的には「肌を過剰に露出せず、華やかさより清潔感」を念頭に選んでいきましょう。

★オフィスカジュアルのポイントって?

ハイブランドは避ける

ハイブランドで身を固めて出社するのは憧れかもしれませんが、高級すぎるものは基本的にクライアントと接する時などにふさわしくないアイテムです。

よって、オフィスカジュアルでも避けた方が良いとされています。

ハイブランドは服装に限らず、名刺入れなど他のアイテムでもNGなので覚えておきましょう。

 

安価で高品質なファストファッション店舗は強い味方

確かにスーツは間違いがなくコーディネートも楽ではありますが、オフィスカジュアルでの出社が認められており、みんなから声をかけられているにもかかわらず、いつまでも頑なにスーツで出社するのは少し不自然です。

でも、色々揃えるのにはお金がかかる…。

そんなビジネスパーソンの強い味方になってくれるショップが、ファストファッションを中心にここ数年で増えてきています。

多くの店舗が安価でかつ高品質な、オフィスでも着用できるアイテムを展開しており、SNSやホームページにはコーディネート例も載っていて参考にできます。

また、豊富なサイズ展開も魅力です。

例えばあの有名な「ユニクロ」は様々なサイズ展開はもちろん、公式アプリに自身の身長と体重や年齢を設定しておくと、アイテムごとにジャストなサイズをサジェストしてくれる機能があります。

もちろん店舗で試着するのが一番イメージがわきますが、コロナ禍の現状、なかなか外出もしにくいもの。

こうしたツールも使いながら、うまくアイテムを揃えていくのもいいかもしれません。

 

迷ったら無難なものを選ぼう

「このぐらいの色(形)なら、着ていってもいいかな…」

オフィスカジュアルに慣れると、少し冒険した服装をしてみたくなる時もあるかもしれません。

ですが、そういった時こそ初心にかえってみましょう。

オフィスは、仕事をしにいく場所であり、オシャレを楽しむことがメインではありません。

もちろん少しトレンドを取り入れたりファッションの研究をするのは良いことですが、仕事がベースにあることをしっかり念頭に置きましょう。

オフィスカジュアルに関しては「どうしよう」と思ったら無難な選択をしておくのが良いでしょう。

例えば、先輩のコーディネートより派手にならないように、というように自分の中の目安を設けてみるのもいいかもしれませんね。

 

★まとめ

オフィスにおいては「その人らしさ・個性」よりも、「清潔感・きちんと感」が重視されることを忘れないでおきましょう。

職場においてのファッションは、「相手に好印象を与える」「動きやすい」など、仕事をスムーズにするためのツールとも言えます。

とはいえ、さりげなく流行や個性をほんの少し取り入れることもできるオフィスカジュアル。

服は、身体の保護だけでなくその人らしさを表すものでもあります。

オフィスカジュアルを楽しみながら、ビジネスパーソンの着こなしを勉強していきましょう!