転職の心得

【転職の心得】何年働けば「即戦力」?2年で退職は早い?

【転職の心得】何年働けば「即戦力」?2年で退職は早い?

「転職して間もないけど、また転職を考えている」

「就職してすぐに退職してしまった」

転職が活発になっている昨今の状況下でも、在職期間の長さは、気になる部分ですよね。

実際何年働けば、長く働いたことになるのでしょうか?

今回は、「何年働けば経験ありになるのか」について掘り下げていきます。

【2年で退職=早い?】何年働けば「長く働きましたね」と言ってもらえる?

「●年働けば、長く働いたと認識される」

「●年で転職するのは早すぎる」

色々な意見がありますが、結論、この「●年」の中に入る数字は、明確なものがありません。

が、強いていうなら20代前半の若手社員の場合は、3年が一区切りとなります。

もちろん働く地域(都道府県)や業界、職場環境でも異なりますが、20代前半で3年以上在籍したとなると、社会人としての経験は概ねその1社で積んだことになります。

3年でも、1箇所で腰を据えて働いたとなると

・社会人経験もビジネスマナーも、1つの企業で忍耐強く学んだ
・ある程度の経験を積んだ上で、キャリアを真剣に考えている
・場当たり的な行動ではなく仕事に向き合っている

という印象が強くなります。

経験年数が3年を下回ると「すぐ辞めた」と思われる可能性がグッと上がります。

残念なことに、経験年数1年や2年での転職は、忍耐力に欠ける印象を与えてしまいます。

転職に明確な3年という縛りはなく、あくまで多くの人が持っている感覚値ですが、多くの業界・職種でこれが一つの目安ラインになっています。

しかし、違和感を感じながら「3年まであと少し」と、時間稼ぎのために働き続けることはあまり良いことではありません。

それがストレスになり、スキルや経験につながるモチベーションも維持しきれない可能性があります。

このようにすでに勤続3年未満で退職している場合も、落ち込まなくて大丈夫です。

それより、次の仕事までに空白期間を作らないようスムーズに転職活動を進めることが重要です。

【2年で退職=早い?】2年で退職してしまった自分を面接でしっかり見せる方法

仮に1年、2年で退職してしまっていた場合は、面接で「短いですね」と言われてしまうかもしれません。

ですが、そこで諦めてはいけません。

在職期間が短いならではの「自分の見せ方」もあります。

・在職期間が短いので、前職の考え方に染まっていない=柔軟性がある
・良いと感じた道に、思い切って進める=決断力、フットワークの軽さ

自分の決めた道にすぐ舵を切れる、「ポジティブな側面」をアピールすることだってできるのです。

短期間で退職した理由を伝える際、注意したいのは、前職の悪口を言わないことです。

「環境が悪くて」「人間関係が悪くて」などという内容は、理由としてはNGです。

文句が多い、自ら改善する気持ちがないなどネガティブな印象を与えてしまいます。

【2年で退職=早い?】「在職期間が短い=絶対にNG」ではない!

・在職1〜2年=短い、忍耐力不足の印象を与える可能性あり
・しかし納得いかない職場で「在職3年までの時間稼ぎ」をするのはもっと危険
・1〜2年で退職が必ずしもNGではなく、3年を一区切りと考えている人が多い
・前向きな退職理由を伝えて、在職期間が短い人も印象向上のチャンス

1〜2年の在職期間は「短い」という印象を持たれやすいことは確かですが、書類や面接で転職の明確な理由を述べられれば問題ありません。

既に退職されている方はあまり年数を気にしすぎず次の仕事のことを考え、また、これから退職を予定されている方は3年を一つの目安と考えていただければと思います。

日本若者転職支援センターでは、前向きな退職理由を考えるお手伝いもしております。

サポートや求人紹介は全て無料です。

ぜひ、お気軽に登録ください!