様々な働き方

転職を考えるすべての人へ「一人で悩まないで欲しい」

転職を考えるすべての人へ「一人で悩まないで欲しい」

日本若者転職支援センターには、
若者のキャリア支援に日々向き合うキャリアアドバイザーが在籍しています。

本日は、転職希望者から絶大な信頼を得ているメンバーをご紹介。

彼女がキャリアアドバイザーとして担当者と向き合う中で大切にしていること。それはノウハウだけじゃない
『転職者に寄り添う気持ち』

自分が転職活動をした時に、迷いや葛藤・不安な気持ちになったからこそ、同じ気持ちになって欲しくない。私だからできる支援がある。と話していました。

 


転職を考えるすべての人へ
「一人で悩まないで欲しい」

~おなじ経験をしたから伝えたい~

「”今の環境をかえたい” ”自分を変えたい”と思っていても何からはじめたらいいのか、わからなくなりませんか?

〇〇になりたい!でもどうやったら近づけるのか…知らない。ネットには膨大な情報があふれていて、一体何が本当かわからなくなってきます。」

 

ー私もそうでした

「自分を変えたい、もっと成長したい!と思っても何がやりたいのか?私の将来って?それさえもわからなくて。…何も考えてないわけじゃないんですけどね…。

当時を振り返ると自分の『気持ち』と『言葉』をうまく整理できずにいたように思います。変えたい思いはあるのにどう表現したらいいのかわからず。もどかしい経験でした。」

 

ーアドバイザーとの出会いが今のわたしに繋がっている

「いま担当させていただく転職希望者の方でも同じ不安を抱えている方がいらっしゃいます。

最初にお会いした時に『何から伝えたらいいのかわかりません…』といわれることもしばし。
だからこそ頼って欲しいです。わたしもアドバイザーの方に自分の思いを整理してもらいました。だから今の自分が存在しています。

将来のためのキャリアプラン。自分ひとりでは見えなかった未来の姿。一緒に見つけませんか?」


経験を重ねることで得る知識や成長はありますが、根っこにある気持ちはずっと大切にしてきたいもの。

彼女はその思いが人一倍強く、だからといって妥協はしないアドバイザーです。

 

日本若者転職支援センターでは就職支援・仕事についての相談も無料で承っております。迷ったらいつでもご登録ください。
登録はこちらから

わたしたちと一緒に『はたらく明日をもっと明るく』しましょう。

 

▶こちらの記事もおすすめ
仕事のウラ側 入社半年で活躍する彼女たちが仕事で泣いた日/Wantedly

 

キャリアアドバイザー:相葉まどか
インタビュアー:梶原