書類・面接対策

【書類対策】職務経歴書の書き方★転職回数・職歴が多い人向け【転職・就職の書類作成】

【書類対策】職務経歴書の書き方★転職回数・職歴が多い人向け【転職・就職の書類作成】

短期間に職を転々としてしまっている。

また、それが全てアルバイトの経験。

こんな悩みを抱えている方はいませんか?

職歴が多数ある方は、書類選考を通過しにくい傾向にあります。

理由は、「飽きっぽい」「根気がない」「一箇所で長くやっていけない=能力が低い」というイメージに繋がりやすいためです。

しかし、職務経歴書の書き方によっては、職歴の多さをプラスに印象付けることもできます。

 

★【職務経歴書】大切なのは「一貫性」

職務経歴書は、大きく以下の3つで構成されます。

①職務要約
②職務経歴
③自己PR

20代前半で3社、20代後半で4〜5社ほどの経験社数だと、「経験社数が多い」という印象になってきます。

重要なのは「信念に一貫性があるか」。

それぞれの職場を通して何を経験し、何を大切にしてきたのかということが明確になっていないと、人物像もブレたものになってしまいます。

様々なステージでスキルを生かし、経験豊富ながら一貫性のある人物をイメージさせるようにしましょう。

たとえ、経験してきた業種・業界に一貫性がなくても「信念に一貫性があるか」どうかで印象はずいぶん変わってきます。

 

 

★【職務経歴書】実際の書き方:良い例と悪い例

例えば、下記の例を見てみましょう。

まずは、悪い例です。

・それぞれのエピソードが短すぎる
・マイナスな表現を使っている
・一貫性が感じられない

では、良い例を見てみましょう。

・適切なボリュームの文章
・マイナスな表現がない
・「お客様視点に立つ」という一貫した姿勢が感じられる

このように、経験してきた業種・業界が異なっても、一貫して意識してきたことなどがあればしっかりアピールしましょう。

身につけたスキルなどでも良いです。

職歴が多いことによって、書類を作るのに手間取ったり選考を通過しにくかったりと、モチベーションが上がりにくい場合もあるかもしれません。

しかしそこで諦めてしまわずに、自分の経験をしっかり洗い出してみましょう。

紙にざっと書き出すだけでも、頭の中で散らかっていた内容が整理できることがあります。

 

★【職務経歴書】同職種(業界)への転職・異職種(業界)への転職

今まで似たような業界を経験して、次回もまた同業界へ…という方は、比較的自己PRしやすいかもしれません。

同じ業界でも、その特徴は企業ごとで異なります。

一つの業界で複数社を経験していることで考え方にも偏りが少なくなりますし、客観的に物事を見る目が養われます。

これらは大きな武器になるでしょう。自分の強みが思いつかないときは

・広い視野
・豊富な経験

などをキーワードにしていくと、発見があるかもしれません。

逆に異業種・業界への転職でも、気にしすぎる必要はありません。

ポリシーに一貫性があれば大丈夫です。

一つの信念の元に様々な経験をしていることで、少しのことでは動じない度胸もアピールできるでしょう。

また、その業界で長く働いている人が思いつかないような、新しい発想ができるかもしれません。

悩んだ時には

・度胸
・発想力

という切り口で自己PRを考えていくとスムーズに進められます。

 

★職務経歴書の作成。悩んだ時には転職エージェントに相談!

 

転職を重ねた理由には向き合わなければいけませんが、

・偏りのない考え方ができる
・広い視野を持っている
・客観的に物事を見ることができる

これらは、今までの経験や志望企業に関わらず、共通して大きな強みになるでしょう。

そして、強みと合わせて「長く働きたい」という意志をしっかりと示すことができれば、転職回数を問題視されるということはそれほどありません。

企業側は求職者に、「スキルを活かして、長く働いて欲しい」と考えています。

なので、「スキルを活かせる」「長く働ける」という2点も、強みと合わせてアピールしておきましょう。

とはいえ、職務経歴書を一人で作成するのはなかなか難しいもの。

ぜひ、日本若者転職支援センターにもご相談ください!

しっかりヒアリングした上で、1から書類作成のサポートをいたします。