様々な働き方

【様々な働き方】無職・ニートに向いているのは、どんな仕事?

【様々な働き方】無職・ニートに向いているのは、どんな仕事?

現在、無職やニートの方が働こうと思った時、どのような業界・業種が向いているのでしょうか?

無職やニートの人に向いている(就職しやすい・継続しやすい)と思われる仕事をいくつか挙げてみたいと思います。

【無職・ニートに向いている仕事①】営業職

いきなりハードルの高そうなポジションが来たな…と思われる方もいるかもしれませんが、営業職は必須の資格は特になく、未経験可の場合が多いのです。

そういう意味では比較的入口は広く、

面と向かってのコミュニケーションが少し苦手という人も、外回りの商談だけが営業の仕事ではありません。

最近ではインサイドセールスやカスタマーサクセスといった、新しい営業のポジションも出てきています。

インサイドセールスは電話などの非対面チャネルで顧客にアタックし、フィールドセールス(いわゆるみなさんがイメージする外回りの営業担当)につなぐという役割があります。

カスタマーサクセスはすでにクライアントになっている人(企業)に対して、単価アップの働きかけをするアップセルがメインの業務になります。

いずれもここ数年で増えてきた営業職のポジションです。

営業職はどの業界にも存在している職種のため、身につけたスキルをいずれ次の転職で活かすということもできます。

【無職・ニートに向いている仕事②】介護職

業界全体が深刻な人手不足に悩まされているため、介護職も狙い目です。

また、日本は超高齢化社会に向かっているため、需要がどんどん高まっていくことが予想されます。

過去には過酷な労働条件なども囁かれましたが、慢性的な人手不足に直面し、現在は労働環境も見直されてきています。

基本的に資格が必要ですが、入社後に資格を取得するという人もいます。

体力勝負で、夜勤などの変則的な勤務もありえるため、そのあたりに柔軟に対応できるかが鍵となっています。

【無職・ニートに向いている仕事③】ITエンジニア職

前述の営業職・介護職は、どちらも比較的「体を使う」ものです。

これらに自信がない場合はエンジニアのように黙々と「頭を使う」職業も良いでしょう。

ITエンジニアも人手不足な職種であり、未経験可の求人も多く見られます。

また、育成スクールでも、プログラム終了後はエンジニアとしてデビューできるなど、チャンスが多いのも特徴です。

もちろん社内外の折衝は多少なりとも発生しますが、営業職・介護職よりはコミュニケーションの機会は少なく、黙々とした作業も多いので、対人面で少し不安がある人は狙い目かもしれません。

上記の育成スクールも未経験・職歴なしの若者が多く通っていたりするケースが多いため、そういった環境では仲間を作る機会もあります。

ただし、ITエンジニア職は未経験可でも20代などの若手に限られている場合が多数のため、ご自身の年齢にも注意が必要です。

【無職・ニートに向いている仕事】以前の経験がある職種や業界もおすすめ!

現在、無職やニートでも、正社員・アルバイトに関わらず一度でも働いていた経験があるなら、その業界や職種を狙うというのも方法の一つです。

一度経験している職種や業界であれば、業界のルールやスキルなど身についていることもあるでしょうし、面接での会話もスムーズです。

全くの未経験からのスタートは、想像以上にエネルギーが必要です。

新しい会社、新しい環境、新しい仕事…それに加えて「社会復帰」があるのですから、自分で思っている以上に疲弊する場面も出てきます。

その疲弊から早期離職してしまっては、また振り出しに戻ってしまいます。

急な変化に対応ができなそうであれば、そういったリスク回避のためにも今までの経験を活かすというのも方法です。

【無職・ニートに向いている仕事】まとめ

体を使う仕事・頭を使う仕事どちらが自分に適しているのか、過去の経験を活かして社会復帰という道を選ぶのかなど、選択肢は色々あります。

地域のサポートステーションや転職エージェントなどの助けを借りることで、さらに選択肢は広がって行くでしょう。

経験が多少なくても、空白期間があっても、20代のうちは若さでカバーすることが可能です。

あなたがまだ20代の無職・ニートなら、ぜひこれを機会にご自身の未来を真剣に考えてみてください。

日本若者転職支援センターにもお気軽にご相談ください!