転職に必須!面接対策〜身だしなみ編〜

面接対策の一つとして、身だしなみが上げられます。面接だけでなく、履歴書の写真を撮影する時にも重要なポイントなので、あらかじめ目を通しておくことをおすすめします。

・スーツはシワがなくサイズが合っており、ネクタイに曲がりがない
・帽子やコートを身につけたまま、華美な小物はNG
・爪、ヒゲ、髪型は清潔感を意識し、切る、剃る、まとめる

★NGな身だしなみ:スーツの着こなし編

・ネクタイが曲がっている

男性のスーツ姿で、もっとも目に入りやすいネクタイ。曲がっていないかどうか確認しましょう。履歴書の写真でも、ネクタイが曲がっているだけで落とされてしまうこともあるようです。顔に近い位置で、印象に残りやすいネクタイには注意です。

・シャツがダボついている

大きすぎるシャツはルーズな印象を与えます。体にジャストなものを選びましょう。

・しわや汚れがある

シャツやスーツにシワはありませんか?アイロンがけやクリーニングはちゃんと行なっていますか?面接のスケジュールが確定したら前もって確認しておきましょう。

・サイズが合っていない

シャツだけでなく、もちろんスーツも体に合っているものを選びましょう。小さすぎても大きすぎてもNGです。店頭でフィッティングするのがおすすめです。最近はスーツのレンタルサービスなどもあり、収納スペースや予算に合わせて選べる選択肢が増えているようです。

適切なスーツについてはこちらの記事でご紹介しています!

★NGな身だしなみ:身に付けるもの編

・帽子・コートを脱がない

これは失礼に当たります。寒い季節でも、建物に入る前に帽子やコートは脱いでおきましょう。

・派手な貴金属を身につけている

男女ともに、結婚指輪以外の貴金属は外して行ったほうが無難です。面接は華美な印象より誠実な印象を心がけましょう。女性はシンプルなネックレスなどは可。ピアスやイヤリングはつけない方が無難です。

・時計がビジネスにふさわしくない

多機能すぎて目立つ時計、派手な時計よりもシンプルな時計を。ベルトはレザーでも金属でも大丈夫です。デジタル時計等の場合、面接中にアラーム音などが鳴らないよう注意します。

★NGな身だしなみ:その他

・爪が長すぎる・華美である

女性の場合、ネイルに気を配っている人は多いかもしれませんが、面接ではなるべくオフします。特にジェルネイルはシンプルなデザインでも避けたほうが無難です。爪の長さがある場合はカットも忘れずに。「自由な社風で服装・ネイルも自由」な企業だとしても、面接では控えめにします。

・ヒゲを剃っていない

ヒゲにスーツのビジネスマンも多く見かけますが、面接では剃ったほうが良いとされています。清潔感や衛生的な好印象を与えることができるためです。特に飲食業界や営業職の場合は清潔感が求められますので、意識しましょう。

・髪色・髪型が派手である

髪色や髪型も、落ち着いたものにします。ロングヘアの女性の場合、お辞儀をした時に髪が顔にかからないよう、アップにしたりまとめるなどします。髪をまとめるヘアアクセサリーも、大きなリボンなど華美で目立つものは避けましょう。男性は基本黒髪、耳にかからない程度の短さが良いとされています。

★まとめ

転職活動で何度も面接を受けているうちに、「このくらいの服装なら大丈夫かな」という気の緩みが出てくることもあるかもしれません。そのさじ加減は難しいものですが、少しでも心配であればやめておくくらいの気持ちでいた方が良いでしょう。今回ご紹介した内容を参考に、履歴書の写真撮影や面接に臨んでいただければと思います。

日本若者転職支援センターに、お気軽にご相談ください!
登録はこちらから

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。