「既卒」と「第二新卒」の違い

このサイトでもしばしば出てくる「既卒」「第二新卒」の言葉。どちらがどういう状態なの?自分はどちらに該当するの?という方、ぜひ今日の記事を参考にしてください。

★既卒とは

既卒とは、「高校・短大・専門学校・大学…などの学校を既に卒業し、正社員として働いたことがない求職者」を指します。新卒は「その年に卒業、または卒業予定の人」なので、既に卒業しているか否かが新卒との違いになります。

 

★第二新卒とは

第二新卒とは、「卒業後に正社員として働いたが、およそ3年以内に離職した求職者」を指します。

★既卒は不利になりやすい?

フレッシュな新卒や、短くても社会人経験のある第二新卒に比較し、不利になりやすいと言われている既卒。

・在学中に就職できなかったのには理由があるのではないか。(能力への懐疑)

・在学中に積極的に就職活動しなかったのではないか。(仕事への意識の懐疑)

このような印象を持たれてしまうこともあるようです。しかし、やむを得ない理由や現在前向きに就職活動していることなどをきちんと説明できれば大丈夫です。変に隠したり取り繕ったりせず、自分の言葉でかつ適切な表現で伝えましょう。

 

既卒/職歴なしから正社員へ!履歴書の書き方

 

★まとめ

既卒と第二新卒の違いについて、把握できましたか?既卒だから…と不安な気持ちもあるかもしれませんが、対策をきちんとしていれば大丈夫です。また、厚生労働省は「大学卒業後3年以内の既卒者は、新卒として扱うこと」という通達を出しています。まだまだ多くの企業に「既卒」の印象はあるものの、少しずつ変わってきている部分もあります。既卒だからと諦めずに、就職活動を今からでも始めてみませんか?

日本若者転職支援センターに、お気軽にご相談ください!
登録はこちらから

コメントは利用できません。