転職の心得

長いフリーター(アルバイト)期間は、就活に不利?

長いフリーター(アルバイト)期間は、就活に不利?

アルバイト社員について何度かこのコラムでお話ししてきましたが、今回のテーマは「アルバイト期間が長いと、就職に不利なのか?」。早速、見ていきましょう。

 

★長いアルバイト期間…3年を越えると不利に?

厚生労働省の「若年者雇用を取り巻く現状」の「フリーター期間別にみた正社員になれた者の割合(20~29歳)」を見てみます。

引用元「厚生労働省 若年者雇用を取り巻く現状

男女合計のデータは、

  • 6ヶ月以内:64.0%
  • 7か月~1年:58.3%
  • 1年~2年:52.2%
  • 2年~3年:58.9%
  • 3年超:48.9%

 

男性のデータは、

  • 6ヶ月以内:72.5%
  • 7か月~1年:61.7%
  • 1年~2年:60.0%
  • 2年~3年:62.1%
  • 3年超:57.0%

 

女性のデータは、

  • 6ヶ月以内:56.5%
  • 7か月~1年:55.1%
  • 1年~2年:42.9%
  • 2年~3年:54.1%
  • 3年超:38.3%

 

となっています。この結果によると、アルバイト期間が6ヶ月以内の場合は男性では約7割・女性では約6割が正社員になっています。

しかし、アルバイト期間が3年を越えた場合、正社員になれた男性は約6割・女性では約4割という数字になっており、明らかにその数が減少していることが分かります。

残念なことに、アルバイト勤務にプラスのイメージを持っている人は少なくありません。採用担当者もそれは同じで、「正社員で雇ってもらえない人」「定職につかずにフラフラしている人」などの印象を持たれがちです。どんなに本人が真剣に働いていても、そこにつきまとうイメージはまだまだ厳しいものと言えます。

 

★だからこそ、早めに就職しよう

アルバイトとして働き始めると、自由に使える時間が増えたり、責任から解放されたりと一時的に「楽」と思えることもあるでしょう。ですが、長く続けるべきではありません。長引くほどに、その後の正社員での就職が難しくなってしまいます。

基本的に企業は育成期間が長くとれる「若者」を求めています。育成期間を長くとれるということは、じっくり良い人材を育てていけるということになるからです。例えば、二者が同じ能力だったとして、

・アルバイト歴3ヶ月の20歳
・アルバイト歴5年の25歳

が面接に来たとしたら、企業は前者を採用するでしょう。

特に女性の場合、20代後半になると企業側も結婚や出産の可能性を視野に入れるので、選考は一層厳しいものとなります。理不尽に思えますが、企業は「長く働いてくれる人」を雇いたいと考えているため、こういった現実に直面することも覚悟しなければなりません。特に産休・育休制度が整っていない中小企業などでは、結婚や出産を控えている女性の採用を避けたいという本音もあるようです。

 

★まとめ

アルバイト期間が長くなると選考にも影響してくるということが、データを見てお分かりいただけたかと思います。

「無理かもしれない」と諦めずに、まずはできることから始めてみましょう!私たちもお手伝いいたしますので、どうぞお気軽にご相談ください!

株式会社日本若者転職支援センター