【vol.26】夢と不安を抱えて…手に職をつけるという選択

内定を受けた方から、メッセージをいただいております。

E・Oさん
24歳 女性
前職:アミューズメント関連

E・Oさんには夢がありました。それは、声優になること。

高校卒業後、工場で勤務していましたが、声優養成スクールに通い夢を叶えるため上京。

それを機にアミューズメント施設のパートスタッフに転職しました。

真面目で明るいE・Oさんは、すぐに仕事にも慣れましたが、色々な問題が…。

フロア内はいつもタバコの煙が充満しており、声の仕事を目指すE・Oさんにとって、決して良い環境とは言えません。
E・Oさんには喘息の発作もあり、いつも体調を気にするようになっていきました。

更に、スクールに通ってレッスンを受けてはいるものの、なかなかオーディションに合格しません。

そうしているうち、声優界では人気の若手がどんどんデビューしていきます。
24歳という年齢もあり、焦りが募っていきました。

「もしこのままオーディションに落ち続けたら…」

 色々なことが積み重なり、E・Oさんは決意しました。

「今からなら間に合うかもしれない。自分に合った環境で手に職をつけて、働こう」

…とは言え正社員の転職、何からどう始めていいのかよくわかりません。

そんな時、MAPグループ(日本若者転職支援センター)のホームページを見つけました。

何かきっかけが見つかるかもしれない。

そんな気持ちで、登録してみました。

 

<E・Oさん 直筆メッセージ>

もともと、前職でも社員にならないかという声がけもあったほどのE・Oさん。

持ち前の明るさとバイタリティーで、すぐに正社員の施工管理職に内定が決まりました。

 

<E・Oさんからのメッセージ>

今だから言える、転職を決意したきっかけは?
今後のことを考えた時、「今のままでいいのか?」と思ったからです。

仕事探しで最初にしたことは何ですか?
まずは求人サイトを見ました。

「転職」のイメージ、どんなものがありますか?
踏み出したいけど、なかなか踏み出せないというイメージでした。

転職活動を通じて、発見や気づきはありましたか?
自分の知らなかった職種がたくさんあったことです。

「10年後の自分」へ、どんなメッセージを贈りますか?
世界にも注目されるものをつくろう!

 

E・Oさんは、こう話します。

転職を考えている方は、一人で悩まずに、プロに相談するのも方法だと思います。
私自身、最初は一人であれこれと悩んでいたのですが、限界があることに気づいたのです。
MAP(日本若者転職支援センター)さんは、書類添削から面接指導まで、
細やかにフォロー・サポートしてくれました。
内定先の企業で、正社員で頑張りたいと思います!

「声優になる」という夢から、正社員の施工管理職に内定したE・Oさん。

一見、「働く」ことは「夢を諦めた」というようにも取れるかもしれません。

しかし、そうではありません。働くことは、人生の選択肢を増やすということなのです。

働けば、お金とスキルが身につきます。お金とスキルは、自分ができることを今以上に広げてくれるのです。

そのまま仕事に打ち込むという道を選ぶことも、貯めたお金でもう一度夢にチャレンジすることもできます。

長い人生、選択肢が多い方が豊かに過ごせます。

ぜひみなさんも、働くことを「諦める」という言葉で終わらせずに、選択肢を増やす方法として考えてみませんか。

また、働くことそのものに喜びを見出してみてください。

例えば「昨日できなかったことが、今日はできるようになった。」というように、

小さなことでもいいので自分の成長を見つけてみましょう。

きっと、働くことがもっと楽しくなるはずです。

 

今はとにかく仕事に熱中したいというE・Oさん。

夢を追っていた時間もまた一つの糧となり、これからの彼女を支えてくれることでしょう。

 

「経験がない…」「スキルって何?」「正社員で働きたい」
そんなみなさんのための転職エージェントです!登録は簡単60秒、こちらから!

コメントは利用できません。