【vol.20】19歳の挑戦。2度目の転職で掴んだ、希望の職場

入社が決まった方からのメッセージをご紹介します。

水田さん
19歳 男性
前職:事務職(派遣社員)

水田さんは高校卒業後、空港で手荷物検査員として働いていましたが、拘束時間や給与に不安を覚え退職。

その後、派遣社員として働き始めました。

確かに、派遣社員は定時で帰れる・難しい仕事はない、と、楽な側面はあります。

しかし、そんな環境で成長していけるのか?やりがいを何に見出せばいいのか?

そう考えるようになり転職活動を始めたものの、19歳であることを理由に断られてしまうことが多くありました。

「19歳だと未成年だし転職できないのかな…」

落ち込む中、友人と色々情報を集めているうちに『日本若者転職支援センター』のサイトを見つけました。

未成年の転職成功者の事例もあり、背中を押された水田さんは早速相談することにしました。

 

<水田さんの直筆メッセージ>

水田さんは、無事エンジニア職に内定しました。

 

<水田さんのメッセージ>

転職活動で不安だったことは?
未成年の自分にできる仕事があるか不安でした。

面接で大変だった部分はありますか?
一度言葉に詰まると、そこから会話を立て直すのに焦ってしまい大変でした。

日本若者転職支援センターで転職しようと思ったきっかけは?
求人案件の中に19歳の自分にも挑戦できる仕事があって「良さそう」と感じたからです。

転職活動を通して発見や気づきなどありましたか?
人と人の繋がり、信頼関係は大切だと思いました。

今仕事を変えようか迷っている人へ、メッセージをお願いします。
転職を考えている方はMAP(日本若者転職支援センター)さんへどうぞ!とても信頼できるので安心してください。

 

 

「19歳だから」「未経験だから」、自分にはできない、無理…。

そんな風に考えてしまう人がいます。

面接で指摘されたり、インターネットの情報などから思い込んでしまったり。

それは非常に勿体無いと言えます。

確かに、経験の少なさや年齢の若さを理由に選考を進める企業があるのも事実です。

しかしそんな企業ばかりではありません。

実際に、『ポテンシャル採用』といって、求職者の成長を見込んで、年齢経験問わず採用する企業も多くあります。

もしあなたが今「未成年だから」「未経験だから」ということで一歩を踏み出せないのなら、きっとそれは思い込みや、過去に面接に進んだ企業の考え方にたまたま一致しなかったのです。

この世界には、たくさんの企業が存在しています。もちろん、あなたがまだ知らない企業もたくさんあります。

 

もし、今を、そして未来を変えたいと思っているなら、水田さんのように若さを恐れずに挑戦してみませんか?

日本若者転職支援センターには多くの非公開求人があるので、きっとピンとくるお仕事があるはずです。

あなたが活躍できるフィールドを探すため、全力でサポートさせていただきます!

コメントは利用できません。