日本若者転職支援センターの取り組み

日本若者転職支援センターでは、個人のキャリア面談・求人紹介に留まらず就職支援に関する様々な取り組みを行っております。

 

1.厚生労働省委託機関 若者サポートステーションとの連携

地域若者サポートステーションにて定期的に講演・個別面談、キャリア支援の取り組みを行っております。
転職支援実績あり!

 

地域若者サポートステーション(愛称:「サポステ」):働くことに悩みを抱えている15歳~39歳までの若者に対し、キャリアコンサルタントなどによる専門的な相談、コミュニケーション訓練などによるステップアップ、協力企業への就労体験などにより、就労に向けた支援を行っています。  参照:厚生労働省ホームページ


 

2.企業合同説明選考会の実施

なかなか仕事のイメージを持ちにくい企業・専門職について、もっと知ってもらう機会をつくるために、企業合同説明選考会を実施しています。この取り組みは、社内から上がった声をプロジェクト化し各社に参加企業を募り開催されたイベントです。業界理解を深め、”仕事を知る”を目的として実施されました。


3.入社前研修の実施

日本若者転職支援センターの登録者限定で、入社する前に知ってほしいことを研修形式で実施。
ワークを交えながら、入社までに不安なことなど参加者で確認しました。

 


日本若者転職支援センターでは、引き続き、関係機関と連携しながら、若年層のキャリア形成・就職支援に努めて参ります。

 

コメントは利用できません。