【vol.14】成長への気持ちが拓いた未来

日本若者転職支援センターを利用して転職を成功した方からのメッセージご紹介します。

26歳 女性
前職:栄養士

専門学校を卒業後、栄養士の道へ。600人規模の食事を、患者様に提供するのが毎日のミッションだったそうです。

持ち前のコミュニケーション能力の高さで、チームメンバーともしっかり連携。好奇心旺盛な彼女はすぐに同僚とも打ち解けることができ、仕事への探究心も人一倍。どんどん成長していきました。

しかし新しい世界を見たい。もっと自分ができることを増やしたい。

26歳。転職するなら今だと、決意しました。

 

しかし、思った以上に転職は難航。というのも、会社から退職を引きとめられてしまったのです。頼りにされるのは嬉しい反面、属人的になってしまっている環境に気づき、ますます転職への気持ちを強めていきました。

そして面談登録して転職活動を開始。

見事内定を勝ち取りました。

 

<直筆メッセージ>

<メッセージ>

内定が出た時の気持ちは?
やっと決まった!という気持ちでした。

転職を決意してから活動を始めるまで、どのくらいかかりましたか?
6ヶ月くらいです。

転職活動で大変だったことは?
自分の将来について考えること、向き合うことでした。

転職するか迷っている人へ、気をつけるべきポイントを教えてください。
転職は大きな決断なので、気持ちに余裕があるときによく考えるのが良いと思います。

「30歳の自分」、どんなイメージですか?
色々と考えますが…まだ、はっきりとは分からないです。

転職活動がなかなか開始できない状況にあっても、自らの成長を信じ前向きに行動を起こしました。

転職は大きな決断、時間も気持ちも余裕がないと、不安や焦りにとらわれ失敗しやすくなります。

しかし、その時間や余裕を自ら作り出すことで、グッと成功に近づきます。

「時間がないから」「余裕がないから」で終わらせてしまうのではなく、少しでも考えている人は、一度考える時間を作ってみませんか?

 

日本若者転職支援センターでは、求人紹介を前提とした相談だけではなく『働くことの相談』に乗ることも可能ですので気軽に面談登録してください。

 

コメントは利用できません。