はたらく楽しさを伝えたい

TAKUYA KANEKO

アドバイザー金子 拓矢

きっかけは”日本の働き方"

学生の頃、日本の働き方に違和感をもっていました。
電車で疲れ切ってるサラリーマン姿をみて(仕事って楽しいはずなのに)なぜ?と疑問を持ちました。
この仕事はたくさんの企業の方と出会います。
日本企業を通じてイキイキしている働き方をしている人に出会いたいと思いました。

仕事を通じて知る、はたらくことは楽しい

仕事を通じて毎日を夢中で過ごしている人はたくさんいることを知りました。仕事を楽しんでいる人にも出会いました。
私自身も社外でコミュニティーに参加したり、自分でも勉強会を開いたり。
経験を積みながらできることの実感をつかんでいます。

記憶に残る転職支援

ー自分の経験につまらない話なんてない

大学受験がうまくいかず、その後アルバイト勤務していた20歳の方の支援です。
今のままがいいとは思っていなけど、将来が不安で面談にいらっしゃいました。
どうにかしたい思いはあっても何からしていいか迷っている方は多いです。
初めてお会いした時、とても元気とは言えず、無気力でうつむいたままで、落ち込んでいました。
「こういう話は家族にも言えない。」「自分の話つまらなくないですか?」と自信なくお話ししていたことが印象に残っています。

背景と本音の部分を企業に伝えた上で面接へ

ー自信がない裏側には、諦めたくない思いがある。

面接練習では、自分の強みはなにか?相手への伝え方、話し方を整理しました。
不安な気持ちを吐ききったおかげか、面接では前向きな気持ちを全面に出して高評価。
企業からも「ぜひ一緒に働きたい」と即日オファー。
3年先の目標もできて「これから上がっていく、3年後が勝負です」と話していました。

仕事で大切にしていること

『自分の決断でいくらでも変われる』

全ては自分次第でどうにでもなると考えています。
周りからみて「良くなった」ということ、
社会や世の中・環境があっても結局は自分次第。
仕事にもつながっている、働き方も、生活も…。

自分に自信のない人へ

いろんな話を通じて一緒に見つけていきましょう。
過去は変えられないので、これからのことを教えて欲しい。
自分のこだわり・好きなこと、楽しいこと、たくさんあるはずです。