【入社後の悩み・1】人間関係の作り方とコミュニケーションのポイント

入社にあたり、不安なことはありませんか?そして、転職を経験した人が入社後にぶつかりやすい悩みとは何か、ご存知ですか?

『入社後の悩み』として多いものは、以下の通りです。

第1位:人間関係の難しさ
第2位:「ミス」「失敗」への恐怖
第3位:待遇や業務が思っていたことと違った

シチュエーションは異なれど、その核になる『悩み』は似通ったものなのですね。

このコラムでは数回に分けて、『入社後の悩み』3つの問題を詳しく解説します。

今回紹介するのは、第1位の『人間関係の難しさ』の対策です。

★人間関係はどこにでもあるもの

まず、大前提として、誰とも接さずに生きていくということは至難の業です。生きていく上で人は、職場、友人、家族という形で大小様々あれど、何らかのコミュニティにほぼ必ず所属します。その中でも、家族や友人は『心』の繋がりが大きなウェイトを占めるため、自分のことを理解してくれる人同士で形成されるコミュニティの色合いが強いですが、職場は違います。職場は『同じ目標(企業の成長、事業の発展など)』での繋がりがベースになっているため、性格や思考やバックグラウンドが様々な人が集まるのが特徴です。

意識したいのは、「職場での人間関係に馴染めない」という考えを捨てること。「馴染めない」のではなく、「話しかけてもらえるのを待っている」「馴染めなそうなので、自分から距離を置いて傍観している」ということはありませんか?何事も受け身になってしまっては、始まりません。

人間関係でも仕事でも、まずは自分が動くこと。自分から話しかけたり、そのために話題を用意しておいたりするのです。昼休みや休憩のタイミングで、ぜひ周囲とコミュニケーションをとってみましょう。

他にも、業務中にできることとして『自分から手を挙げて仕事を引き受ける』のも良いです。たとえそれが雑務だったとしても選り好みせず、やってみることをおすすめします。そうすることで、あなたの積極的で明るい姿勢が徐々に周囲から評価されていきます。この時、「評価されたい」一心で手挙げせずに、人のため、会社のためと思って自ら動きましょう!

周囲とうまく連携を取れれば、徐々にあなたへの信頼感が増していきます。意図せずとも、『人のため、会社のため』が、やがて『自分のため』になるのです。

 

★第一印象を大切に!視覚からの情報が大きい

ビジネスパーソンであれば、第一印象をあえて悪く見せようという人は、いないでしょう。そのため、初日の自己紹介をシミュレーションしますね。ところがいざ喋ると、あんなに練習したはずなのに緊張したり、後から「あの話はやめておけばよかったかな…」と思い悩んだりすることも。

でも、ちょっと話に詰まってしまったからといって落ち込まなくても大丈夫。

実は、人の第一印象を決める要素には、視覚からの情報が55%、声の大きさやトーンで38%、話す言葉や内容はわずか7%というデータがあります。

つまり、ちょっと言葉に詰まってしまった、敬語を間違ってしまったくらいでは第一印象にさほど影響しないので、安心しましょう。反対に、良い言葉を選ぼうとして声が小さくなってしまったり、うつむいてモジモジしていると、それだけで「消極的な人」というイメージがついてしまいます。

少しくらい言葉を間違ってしまっても良いので、ハキハキと元気よく、人の目を見て話せるようになりましょう。もちろん見た目はとても重要なので、身だしなみや清潔感を忘れずに。見た目とは、ルックスのよさやおしゃれさではなく、ビジネスパーソンとしてふさわしい身なりをしているかということです。

スーツのサイズは合っているか?襟や袖に汚れはないか?シワはないか?ストッキングの伝線はないか、靴は汚れていないか?など、もう一度確認しておきましょう。通勤中、人混みや風に煽られて身だしなみが崩れてしまうことがあるので、出勤後にお手洗いの大きな鏡などでもう一度チェックしておくことをオススメします。

身だしなみがきちんとしていて、ハキハキした笑顔の新人さんはそれだけで好感度が高いものです。ぜひ、第一印象をより良いものにするため、意識してみましょう。

 

★分からないことは自分から聞いてみよう

入社後の人間関係は色々と悩みがつきませんが、もう一つ悩ましいのが「仕事の進め方・やり方が分からない」というそもそもの問題。それもそのはず、入社したばかりであれば当たり前です。分からないことが山積みというのが普通ですね。

さて、先ほど『自分から動いてみよう』というお話をしましたが、これは仕事で不明点が出てきたときにも言えることです。分からないことをそのままにしてしまうと、仕事を憶測で進めることになり不確実な仕上がりになるばかりではなく、不安も伴うのでスピードが落ち非効率になります。何よりそれが誤りだった場合、そのまま仕事を進めてしまうとあなたのミスになるのはもちろん、周囲にも迷惑をかけますし、場合によっては会社に損害を与える大きな問題になることもあります。

『自分から質問すること』は、とても大切です。相手に予知能力でもない限り、自分から言わなければ考えは伝わりません。もしあなたに「困っている雰囲気を察してほしい」という気持ちがあるのなら、それは人間関係において考え直さなくてはいけない部分とも言えます。

そして、困っていることを相手に伝える時にはポイントがあります。

①どのような内容でどのように困っているか
②自分には何ができて何ができないのか
③現時点でどこまで(何%)完了しているか
④どのように何を助けて(教えて)ほしいのか

これらを順序立てて簡潔に伝えることで、相手も現状把握が容易になります。ただ「わからないんです」とアピールするのではなく、具体的に問題点を尋ねてみましょう。

そして人に何か尋ねるときは、必ずこのように話しかけます。

「恐れ入ります、今少しお時間いただけますか?」

このようにワンクッションを置くことで、相手も心の準備ができます。

反対に「あのーすみません、この件なんですが…」と唐突に話しかけ、かつ一方的に喋ると、相手も驚いてしまいます。

「空気を読んでくれない人」「ビジネスマナーがない人」とも取られてしまうので、必ず時間があるかをお伺いしてから、質問をしましょう。

 

★まとめ

入社はワクワクする気持ちも大きいですが、同時に不安も伴うイベントでもあります。しかし、それはあなたが「うまくやろう」と意気込んでいる証拠。ポイントを抑えて、新しい職場での毎日を良いものにしていきましょう。

それでも不安…という人は、下記のデータを見てみてください。入社後の不安が解消するまでには約半年かかるというデータが出ています。

なんと、半数以上の人が悩みの解消に半年かかっているのです。

それでも解決できる人が大多数なので、「入社早々壁に当たってしまった…」とくじけることなく、「みんな悩んで、仕事に慣れていくんだ」と考えて、前向きにその期間を楽しみましょう!

コメント