「自分の市場価値」とは?

★「自分の市場価値」って?どうやって知るの

自分の市場価値を知るということは、今、自分が転職市場でどれだけ需要があるのかを客観視してみるということです。例えば下記のような項目を紙に書き出すなどして、改めて振り返ってみましょう。

  • 年齢
  • スキル
  • 資格
  • 学歴
  • これまで取り組んできたこと
  • 過去の仕事での成果

★今まで一生懸命やってきたことを考えてみよう

仕事、あるいは学校生活やアルバイトの経験を思い出してみてください。自分が一生懸命取り組んできたことは何でしょうか?頑張って成し遂げたこと、乗り越えたこと…。全てが経験値になっているはずです。

「自分にできること」を考えた時、頭に浮かぶのはビジネスで活かせるスキルや経験ばかりになっていませんか?必ずしもそうである必要はありません。例えば、趣味でイラストを描いている、ハンドメイドが得意、ブログを書いているなど…自分には全く何もないということはないのではないでしょうか。そういった趣味に関することでも、まずは紙に書き出してみましょう。

例えば、前述の例では

イラストを描いている=描画ツールを使いこなせる

ハンドメイドが得意=器用で地道な作業が苦にならない

ブログを書いている=考えを言語化することが得意

という解釈もできませんか?一見、直接仕事に繋がらないことからでも、自分の特性や性格・傾向を把握することができることがあります。

★自分のことを知ったら、言語化してみよう

自分のことを把握したら、それを言葉にしてみましょう。書くのでも話すのでも、まずは形にしてみます。まずは紙に書き出し、そのあと人に話しアウトプットするという流れがおすすめです。自分の頭では分かっていても、人に説明するというのはまた別のこと。これが意外に難しいものです。

人に話すときは

 

話すことは自分の思考の整理にもなるので、何度も練習しましょう。

★まとめ

自分の市場価値は

  • 自分のステータスや経験を棚卸し
  • 仕事に限定せず、幅広く考えてみる
  • 考えた内容を人に話してみる、この練習を何度もする

この作業をしていくことで、だんだんと見えてきます。「自分の市場価値を知るのが怖くて目を背けたい、知りたくない…」そういった方は、自分に対して否定的な気持ちを持ってしまっていませんか?大きなことを成し遂げていなくても、まずは自分がこれまで継続してきたことなどを振り返って、そのような気持ちを捨ててみましょう。

市場価値というと、他人からランク付けをされているような気持ちになるかもしれませんが、そこに付加価値を付けられるのは他でもないあなた自身です。自信を持って、「どう活躍できるか」を言えるようになってください。そして、書き出して終わりにならないように、話すというアウトプットを必ず行うようにしていきましょう。

日本若者転職支援センターに、お気軽にご相談ください!
登録はこちらから

コメントは利用できません。